<第号議案>

平成21年度事業計画案

(平成2141日より平成22331日まで)

協会名称変更による協会事業の拡大に伴い、平成21年度も前年の計画を継続し、ボンド磁性材料に関する下記 事業計画を実行すると同時に、特にボンド軟磁性材料関連の新会員の加入を促進し、生産動向および技術動向の基礎資料の収集と充実をはかる。

(1)ボンド磁性材料の生産、消費に関する調査研究

 

1.ボンド磁石関連の生産、消費に関する調査研究

 

 1-1.昨年度に引き続き、ボンド磁石の国内外の生産状況及び関連するセット統計情報を把握し

    公表する。

    国内生産の減少、海外の生産の増加に伴う、生産量の動向を把握する。

  

  2009年・日本ボンド磁石業界推定値(速報)」 平成22年新年賀詞交歓会にて公表

  2009年・ボンド磁石関連セット統計」 メール速報。BMニュース42号、43号に掲載。

  

  国際化に対応するため、海外生産、市場状況を調査し、世界の生産統計を作成する。

  2009World Bonded Magnet Output」統計表作成。平成224月会員限定にて発表予定。

 

1-2.未加盟会社の入会を促進し、統計精度の向上と主要分野動向の需要予測を策定する。

2009年ボンド磁石の需要予測」 平成22年4月 会員限定にて発表予定

 

2.ボンド軟磁性材料の生産、消費に関する調査研究

 

 1-1.軟磁性材料の材質別、用途別の生産状況の把握と生産統計作成

 

(2)ボンド磁性材料に関する国内、国外の情報の収集

 

  1.関連団体との交流

 国内関連団体との交流を密にして情報の交換をおこなう。

 

  2.海外学会業界団体との交流

    海外の市場動向、技術動向を把握するため、積極的な交流を通じて情報収集を進める。

   原田CEO参加「8th China Magnetics 2009October26-28,Shanghai,China

 

 3.「永久磁石の国別輸出入統計値の収集」と会員へのメール速報

 

(3)ボンド磁性材料の技術に関する調査研究

 

1.技術例会の開催

会員間の技術的向上を図るためタイムリーなテーマを取り上げて講演会を開催し、討議の場を持つ。

 

75回技術例会「世界に冠たる成形技術と磁石応用の最前線」 (2009/5/22

 

76回技術例会「軟磁性材料とその応用製品」 仮題(2009/9/17) 

 

 

2.規格及び規準の制定

 

2-1.ボンド磁石関連

 

    a.ユーザーとの取引円滑化、会員会社の技術水準向上を目的とした

 「ボンド磁石試験方法ガイドブック」のPR・頒布をおこなう。

      日本語版を200部作成し、頒布済み。

 

  2-2.ボンド軟磁性材料関連

     

    a.ボンド軟磁性材料の材質別、用途別規格の調査

     経済産業省「電波吸収体等の輸出規制該非判定基準作成」に協力

     第一回打合せ:2009年2月6日 JABM会議室にて関連業界より19名参加

      ・経済産業省安全保障貿易審査課で評価用サンプルの基準を作成中

     ・関連業界 評価用サンプルを作成、提出

     ・経済産業省関連機関で評価

(4)ネットワーク活用による情報伝達の効率化

 

1.協会ホ−ムページの活用により協会活動、シンポジウム、技術例会日程等をPRする。

 

2.電子メールによる情報伝達の効率化とペーパーレスによる経費削減。

  

   3.FAXの自動一斉送信化による作業の効率化と経費削減

 

  4.パソコンによる領収書、請求書等の各種帳票類発行の効率化と経費削減

 

 

(5)ボンド磁性材料の普及啓発

 

1.機関誌の発行

9月、3月を目標に機関誌「BM News42号、43号」を発行する。(既刊 No1〜No41

 

2.講演会、シンポジウムの開催

  業界環境変化に即応した講演会又はシンポジウムを適時開催し、ボンド磁性材料業界の活性化とユーザー・メーカーへの啓蒙を推進する。

 

 

 

2-1 2009BMシンポジウム「ボンド磁性材料と世界動向」仮題  2009/12/4開催予定 

 

2-2 JABM振興基金記念講演会 2010/1/15 開催予定

    

2-3 寺子屋BM塾 2009年前期 

BM現状把握講座「ボンド磁性体の材料・製法・応用」

1講 5月29日 講師 伊田 壮 潟}グエックス BM協技術委員

     「フェライト系ボンド磁石のすべて」

2講 612日 講師 大森 賢次 元 住友金属鉱山梶@BM協副会長

     「希土類系ボンド磁石のすべて」

3講 717日 講師 五十嵐 和則 三菱マテリアル梶@BM協技術委員長

     「軟磁性ボンド材料のすべて」

 

3.内外における関連業界団体のおこなう事業に協賛し、必要に応じて参加し相互交流を深める。

 

4.校正用磁石セット(Ver2)頒布の推進

校正用磁石を用いることにより、磁気測定値の信頼性向上を図る。

50セット作成。2009 4月までに42セット頒布済み。

 

(6)協会体制の充実と組織強化

 

1.ボンド磁石およびボンド軟磁性材料関連の未加盟主要メーカーの加入促進を図る。

 

2.協会の安定性・永続性をめざして協会体制の充実を図り業界の活性化に努める。

 

3.見学会、研修会を開催し、会員相互のより一層の親睦融和を図る。

見学会:2009年5月15日 15001630

     「先端技術館@TEPIA」 東京都港区北青山

   以上