平成19年度活動報告
(平成19年4月1日〜平成20年3月31日)
2008/6/6
1 特別研修会 平成19年4月6日 参加14名 熊谷ゴルフクラブ
2 技術委員会 平成19年4月13日(金)15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題:
1.第71回技術例会 (5月17日開催予定)講演会進行役分担
2.第72回技術例会(9月7日開催予定)講演依頼
3.2007BMシンポジウム(12月7日開催予定)講演依頼
4.寺子屋塾(4月20日開催予定)開講体制及び費用
5.武井セミナー講演者推薦
6.その他
配布資料:
1.第71回技術例会プログラム
2.JABM平成19年度活動日程表(平成19年4月13日現在)
3.寺子屋BM塾後期講座案内
4.寺子屋BM塾講義ノート「永久磁石のイロハ」第1回
5.寺子屋BM塾運営規則試案
6.寺子屋BM塾前期参加予定者リスト
7.寺子屋BM塾通算参加予定者リスト(4月13日現在93名)
8.寺子屋BM塾会場配置及び見積もり(ホテルラングウッド)
9.杉本先生より武井セミナー講演依頼
3 機関誌編集委員会 平成19年4月16日 14:00〜16:00 於 昭和電工竃{社 会議室
BM News No.37 最終校正会議 
渡辺編集委員(昭和電工)、藤平編集委員(東京フェライト製造)
多田編集委員長(JABM)、泉川和志様(アールプリモ社)
4 企画委員会 平成19年4月19日(木)15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題:
1.日本及び世界2007需要予測作成
2.平成19年度企画委員会活動日程
3.次期企画委員長、副委員長
4.その他
配布資料:
1.ボンド磁石の需要予測(2007年まで)企画委員会作成
2.ボンド磁石業界推定資料の算出基準2006年度(2007年01月05日見直し)
3.World Bonded Magnet Output by JABM Plan & Marketing Committee 2007.04
5 寺子屋BM塾第1回 平成19年4月20日(金)14:00〜17:00 於 ホテルラングウッド
講座:永久磁石のイロハその1
参加者53名 (会員47名、一般5名、学生1名)
6 理事会 平成19年5月11日(金)15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題: 
1.平成19年度通常総会提出資料の検討
(役員人事、会員異動、18年度事業報告、収支決算、平成19年度事業計画、収支予算案)
2.企画委員会報告
3.技術委員会報告 第71回技術例会(5月17日開催予定)、
 第72回技術例会(9月7日開催予定)
 2007BMシンポジウム(12月7日開催予定)
4.機関紙編集委員会報告
5.その他                                
   
配布資料:
1.平成18年度収支決算書案(総会議案)
2.平成19年3月31日現在銀行預金残高証明書
3.平成18年度現金出納帳
4.平成18年度銀行預金出納帳
5.一般会計収支実績推移(平成9年度〜平成18年度)および平成19年度予算案
6.平成19年度役員案(総会議案)
7.平成18年度会員の異動状況(総会議案)
8.平成19年度事業計画案(総会議案)
9.平成19年度予算案(総会議案) 
7 監事会 平成19年5月15日(火)10:00〜13:00 於 協会会議室
出席者:
芳賀会長、根里税理士(根里税務会計事務所)
矢吹監事(大成化薬梶@取締役 東京事業部長)
多田(事務局) 
                 、                 
監査内容:
平成18年度収支計算書(一般会計)
平成18年度収支計算書(特別会計)
平成18年度収支計算書総括表
平成18年度貸借対照表(一般会計)
平成18年度貸借対照表(特別会計)
平成18年度貸借対照表総括表
平成18年度財産目録
平成18年度期首期末財産増減表(総括)
平成18年度剰余金処分計算書
平成19年3月31日現在預金残高証明書(三井住友銀行)
総勘定元帳(平成18年4月1日〜平成19年3月31日)
現金・仮払金・前受金・会費収入・入会金収入・受取利息・
協会誌広告収入・シンポジウム例会収入・協会誌他売却収入・
校正磁石売却収入・その他収入・前期繰越収支差額・研究調査費・会議費・
交通費・通信費・印刷費・事務管理費・事務所費・シンポジウム例会費・
協会誌刊行費・前期繰越剰余金 以上の元帳
普通預金出納帳三井住友1(平成18年4月1日〜平成19年3月31日)
普通預金出納帳三井住友2(平成18年4月1日〜平成19年3月31日)
定期預金通帳三井住友(平成18年4月1日〜平成19年3月31日)
定期預金利息通帳三井住友(平成18年4月1日〜平成19年3月31日)
平成18年度領収書類、請求書類
(参考資料)一般会計収支実績推移(H9〜H18)及びH19予算
8 第71回技術例会 平成19年5月17日(金)13:00〜17:00 於 ホテルラングウッド 2F孔雀の間
「センサ・アクチュエータの 参加者 73名(講師他含む) 参加費 会員5,000円 一般12,000円
最新動向と 1.「磁気を利用したセンサとマイクロマシン」 
ロボットの実演」   東北大学電気通信研究所 助教授 石山 和志 様
2.「ナノ結晶軟磁性材料とその応用製品」 
  日立金属梶@軟磁性材料カンパニー 中島 晋 様
3.「新しい超高感度磁気センサ MIセンサとその応用」 
  愛知製鋼梶@電磁品事業本部 電磁品開発部 主査 青山 均 様
4.「永久磁石同期モータの駆動制御」 
  神奈川大学 工学部 電子情報フロンティア学科 教授 新中 新二 様
5.「ホームセキュリティセンサシステム」 
  潟Gー・エス・ブレインズ 代表取締役 廣吉 秀俊 様
6.「21世紀のロボットに求められるセンサ・アクチュエータ :正確さよりも柔軟性」 
  埼玉工業大学  工学部 ヒューマン・ロボット学科 教授 川副 嘉彦 様
7.「村田製作所センサ商品とその用途、ムラタセイサク君実演」 
  椛コ田製作所 デバイス事業本部 センサ商品部 次長 熱田 善胤 様
9 寺子屋BM塾第2回 平成19年5月25日(金)14:00〜17:00 於 ホテルラングウッド
講座:永久磁石のイロハその2
参加者44名 (会員39名、一般4名、学生1名)
10 技術委員会 平成19年6月8日(金)11:00〜12:00 於 協会会議室
議 題 :
1.平成19年度技術委員長、副委員長
2.第71回技術例会収支報告  
3.第72回技術例会テーマ最終案(2007.09.07開催)
4.2007BMシンポジウム講演テーマについて(2007.12.07開催)
5.BMニュー38号 掲載テーマ
6.その他
配布資料:
1. 第71回技術例会収支報告書
2.寺子屋BM塾第1回、第二回参加者数及び収支
3.第72回技術例会プログラム案
4.BMニュース38号構成案
5.China Magnetics 2007 Media sponsorship agreement
11 企画委員会 平成19年6月8日(金)13:00〜14:00 於 協会会議室
議 題:
1.平成19年企画委員会役員
2.平成19年度企画委員会活動日程
3.その他
12 平成19年通常総会 平成19年6月8日(金) 14:30〜15:10
ホテルラングウッド 4F サニーホール コンサートサロン
東京都荒川区東日暮里5-50-5
議題及び審議結果
議決権数   52社
出席数     20社
委任状     15社
出席合計   35社
協会規約 第4章会議(総会)第18条5項、6項により本総会は成立致しました。
1.第一号議案 平成18年度事業報告、収支決算      可決(異議なし)
2.第二号議案 平成19年度役員選出案              可決(異議なし)
3.第三号議案 平成19年度事業計画案、収支予算案    可決(異議なし) 
4.第四号議案 功績表彰                    可決(異議なし)
5.第五号議案 その他 提案なし                     
○平成19年度事業計画は平成19年会計年度に適用(平成19年4月1日〜平成20年3月31日まで)
議長挨拶(芳賀会長)
本日は大変お忙しい中、通常総会にご出席いただき誠に有り難うございます。
昨年のこの通常総会において、会長に選任していただいてから、早くも一年になりますが、原田前会長、阿部前副会長等が引かれたレールをただ一生懸命走り、何とか無事ここに到達したというのが実感であります。
これもひとえに 会員の皆様、役員の皆様、そして多田専務理事のご支援・ご協力があったからこそであります。改めて厚く御礼申し上げます。有り難うございました。
さて、平成18年度の事業活動は、今まで通り会員の皆様のお役に立つような有益な協会を目指して、春/秋の技術例会、シンポジウム、新年記念講演会などの講演会の他、国内及び海外のボンド磁石の生産統計値の集計、BMニュースの発行、ホームページの充実、校正磁石の頒布など積極的に展開してまいりました。
また、協会の予算に関しましては、従来通り基本的には、管理費は会費収入で賄い、事業費は事業収入で対応しております。さらに、新年の記念講演会の費用は、必要に応じて「ボンド磁性材料振興基金(特別会計)」から対応させていただいております。
5月15日に根里税理士、当協会監事2名による監査を受けました。平成18年度はパソコンやプリンターを購入しましたが、事業収入が順調でありましたので、全体として協会収支は、僅かにプラスになり、健全な経営内容であったと言えると思います。
なお、平成18年度の収支決算の監査結果について、第一号議案として園田監事代理の方からのちほどご報告いただきます。
平成19年度は、従来の活動に加え、新たに勉強会であります「寺子屋BM塾」の立ち上げ・軌道化(これはすでに浜野塾長のご奮闘によって順調に立ち上がっております)、軟磁性関連の会員の募集、合理化等による経費の削減などを積極的に推進してまいります。以上であります。
それでは、議案審議に入りたいと思います。本日の重要議案を十分に、且つ、活発にご審議くださるようお願い申し上げます。
多田専務理事より議案の説明をいたします。
議案審議
第一号議案 平成18年度事業報告、収支決算
会長の議案主旨説明の後、多田専務理事より内容を報告。
監査報告
収支決算の監査結果につき、園田監事代理(且O徳 東京営業部長兼東京支店長)より下記報告。
5月15日に監事会を開催し、根里税務会計事務所立会いの元に収支内容について会計原則に従い銀行預金残高証明書、請求書領収書類、通帳、総勘定元帳、現金の監査を実施した。
「監査結果」
1.一般会計
1-1年会費減をシンポジウム・例会収入増とシンポジウム・例会費減で補い活発な協会活動を反映。
また、特別会計から繰入れ金700,000円の予算を組んでいたが、一般会計でまかなうことができ、
繰入金は0円となった。
2.特別会計
2-1一般会計へ繰出しは0円となったが、一般会計で記念講演会費595,355円をまかない、
会員の為の財産有効活用であり健全といえる。
3.全体
3-1活発な協会活動を反映した健全な収支決算である。
総括:平成18年度収支決算は適法正確である。
第一号議案は満場一致で承認された。
第二号議案 平成19年度役員選出案
平成19年度役員案は満場一致で承認された。
第三号議案 平成19年度事業計画案、収支予算案     
会長の議案主旨説明の後、多田専務理事より内容を報告。
事業計画案
協会名称変更による協会事業の拡大に伴い、平成19年度も前年の計画を継続し、ボンド磁性材料に関する下記の事業計画を実行すると同時に、特にボンド軟磁性材料関連の新会員の加入を促進し、生産動向および技術動向の基礎資料の収集と充実をはかる。
主たる活動
1.生産統計
1-1 「2007年日本ボンド磁石業界推定値」
1-2 「2007年ボンド磁石関連セット統計」
1-3 「2007World Bonded Magnet Output」
1-4 「世界ボンド磁石動向討論会」12月6日開催予定
1-5 「永久磁石の国別輸出入統計」
2.技術の普及啓発
2-1.第71回技術例会「センサ・アクチュエータの最新動向とロボット実演」2007/5/17 開催済み
2-2.第72回技術例会「軟質磁性材料と関連技術の最新動向」2007/9/7開催予定
2-3.2007BMシンポジウム「ボンド磁性材料の世界動向」2007/12/7開催予定
2-4.Intertech China Magnetics2007で原田CEO 招待講演 2007/10/15-17 北京
3.JABM振興基金記念講演会 2008/1/18 (賀詞交歓会を含む)
 講師 鞄圏zテクニカ 部長 川上 雅司 氏
   「台湾部品メーカが優位に立つ最近の寿命試験 」
4.機関誌発行
 BM News No.38号、No.39号
収支予算案
一般会計:収入見込み14,946,000円 支出見込み15,900,000円 収支差額 -954,000円
この差額の大きな要因は2007シンポジウムの海外からの講演者と参加者のため同時通訳を導入する場合を考えて、同時通訳費(2002実績1,260,130円)と協会事務所賃貸契約更新費307,125円(平成19年5月26日から平成22年5月25日まで3年間)を見込んだためである。
年会費収入は現在の会員状況から見込んだもので、軟磁性関連企業の入会予定収入は見込んでいない。
第三号議案は 満場一致で承認された。
第四号議案  功績表彰
1.感謝状 原田英樹殿 
日本ボンド磁性材料協会 CEO、汲gTA 代表取締役
「あなたは十年の長きに亘り日本ボンド磁石工業協会の会長職を務め
情熱をもってボンド磁石の普及啓蒙を推進し世界に開かれた健全な
協会づくりに多大な功績を残されました よってここに記念品を添え
長年のご尽力に深甚なる感謝の意を表します」
(記念品は5万円相当の商品券)
2.感謝状 阿部城士殿
 日本ボンド磁性材料協会 顧問、潟}グエックス 代表取締役
「あなたは十年の長きに亘り日本ボンド磁石工業協会の副会長職を務め
フレキシブルボンド磁石のパイオニアとして得た経験を基にボンド磁石の
普及啓蒙と協会の健全なる発展に多大な貢献をされました よってここに
記念品を添え長年のご尽力に深甚なる感謝の意を表します」
(記念品は3万円相当の商品券)
第四号議案は 満場一致で承認された。
第五号議案  その他の議案なし
総会懇親会
平成19年6月8日(金)15:25〜16:55
ホテルラングウッド 6F 彩林の間
司会 多田専務理事
芳賀会長    挨拶
原田CEO   挨拶と乾杯の音頭  
阿部顧問    挨拶
大森副会長  挨拶と中締めの音頭  
13 寺子屋BM塾第3回 平成19年6月18日(月)13:30〜16:30 於 ホテルラングウッド
講座:永久磁石のイロハその3
参加者50名 (会員42名、一般7名、学生1名)
14 理事会 平成19年7月13日(金)15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題: 
1.通常総会結果報告
  総会及び懇親会議事録
  欠席者へ総会資料送付(国内会員、海外会員)
  総会及び懇親会費用
2.理事交代(DOWAエレクトロニクス)
3.企画委員会報告
  委員長及び副委員長交代
4.技術委員会報告 
  委員長及び副委員長交代
  第71回技術例会(5月17日開催)収支
  第72回技術例会(9月7日開催予定)プログラム
  2007BMシンポジウム(12月7日開催予定)講演依頼先案
5.BM塾(永久磁石のイロハ)進捗及び収支報告(第1回〜第3回)
6.平成20年1月18日記念講演会講師候補及び開催方法
7.その他                                
   
配布資料(回覧を含む):
1.平成19年度総会資料(回覧)
2.平成19年度総会資料(英語版)回覧
3.平成19年度総会及び懇親会議事録(回覧)
4.平成19年度総会及び懇親会費用
5.第71回技術例会収支報告書
6.第72回技術例会プログラム
7.2007BMシンポジウム講演依頼先案(技術委員会議事録より抜粋)
8.BM塾(磁石のイロハ)収支報告(第1回〜第3回)
9. 平成20年1月18日記念講演会講師候補及び開催方法(案)芳賀会長
15 寺子屋BM塾第4回 平成19年7月20日(金)14:00〜17:00 於 ホテルラングウッド
講座:永久磁石のイロハその4
参加者48名 (会員42名、一般5名、学生1名)
16 技術委員会 平成19年8月3日(金)15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題 :
1.第72回技術例会講演準備(9月7日開催予定)
2.2007BMシンポジウム講演テーマについて(12月7日(金)開催予定)
3.China Magnetics October 15-17, 2007 北京   原田CEO講演予定
4.BM塾永久磁石のイロハ前期収支及び後期予定
5.平成20年新春記念講演会講師候補及び開催方法
6.技術例会学生参加費
  
配布資料:
1. 2007BMシンポジウム講演テーマ案(6月8日技術委員会検討案)
2.2007BMシンポジウム収支見込案(事務局作成)
3.寺子屋BM塾永久磁石のイロハ前期講座収支報告(事務局作成)
4.寺子屋BM塾永久磁石のイロハ後期講座募集案内(浜野塾長作成)
5.平成20年新春記念講演会講師候補及び開催方法の叩き台(芳賀会長作成)
17 臨時技術委員会 平成19年9月7日(金)10:00〜11:00 於 協会会議室
議 題 :
1.2007BMシンポジウム講演テーマ最終決定(2007.12.07開催)
2.その他
第72回技術例会進行係及び技術委員は11:00より昼食。
11:30よりホテルラングウッドへプロジェクター、パソコン、講演要旨集、名札その他を運搬
12:00より会場設営。
18 第72回技術例会 平成19年9月7日(金)13:00〜17:00 於 ホテルラングウッド 2F孔雀の間
「軟質磁性材料と 参加者 122名(講師他含む) 参加費 会員5,000円 一般12,000円
関連技術の最新動向」 1.「電磁波吸収体の基礎 」 
  青山学院大学 理工学部電気電子工学科 教授 橋本 修 様 
2.「磁性複合シートによる電子機器のノイズ対策」
  大同特殊鋼梶@研究開発本部 商品企画室 主任部員(工博) 齋藤 章彦 様
3.「軟磁性材料の非接触型 ICカードへの応用」 
  TDK梶@マグネティクスB.Grp、電波エンジニアリングBU
   技術課 佐藤 由智 様、 栗原 弘(課長(工博))様  
4.「高周波磁性材料の最近のマイクロ波測定技術」 
  キーコム梶@技術顧問(工博) 武田 茂 様
5.「高周波磁性体材料測定に使用されるネットワークアナライザの基礎」
  アンリツ梶@第2営業本部 営業推進第2部 課長 鈴木 和喜 様 
6.「進歩するSMC材料並びに成功した応用製品例紹介」 
  ヘガネスジャパン梶@テクニカルサポート部 Mr. Mats Persson 
7.「モータ用複合軟磁性コアの材料設計」 
  三菱マテリアル梶@中央研究所薄膜材料研究部 副主任研究員 五十嵐 和則 様
19 企画委員会 平成19年9月13日(木)15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題:
1. 平成19年4月〜6月生産統計について
2. 平成19年1月〜6月セット統計について
3.世界生産統計打合わせ(12月6日開催予定)の準備について
4. その他
配布資料:
1.平成19年4月〜6月会員投票会社数値(国内・海外合計値)
2.同上 国内分 海外分
3.2007世界統計討論会参加依頼先候補案(事務局作成)
4.参考 2006年世界生産統計質問事項(日本文及び英文)
5.参考 2006年世界ボンド磁石討論会ご参加願い(日本文及び英文)
6.2007BM国際シンポジウム プログラム案
7.BM磁石関連セット統計2007年1月〜6月
8.World Bonded Magnet Output by JABM Plan & Marketing Committee 2007.04
9.2007年世界統計討論会参加依頼状案(石田委員長)
20 理事会 平成19年9月14日(木)15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題: 
1.第72回技術例会収支報告(2007.09.07開催済み)
2.2007BMシンポジウムプログラム(2007.12.07開催予定)
3.世界ボンド磁石統計討論会(2007.12.06開催予定)
4.2007.01〜06BM生産統計報告
5.個人会員入会審査(安泰科技日本 田代正廣 様)
6.2008新春記念講演会
7.BM塾
8.その他
   
配布資料:
1.第72回技術例会収支報告書
2.2007BM国際シンポジウムプログラム
3.2007BM世界統計討論会参加依頼先案
4.2007年1月〜6月会員投票会社数値(国内海外合計値)
5. 2007年1月〜6月会員投票会社数値(国内合計値及び海外合計値)
6. 2007年1月〜6月BM磁石関連セット統計値
7.寺子屋BM塾永久磁石のイロハU参加申し込み状況
21 寺子屋BM塾第5回 平成19年9月21日(金)14:00〜17:00 於 鞄圏zテクニカ テクノロジーインターフェースセンター
後期講座:永久磁石のイロハその1
参加者47名 (会員26名、一般21名、学生0名)
22 特別研修会 平成19年10月5日(金) 参加13名 浦和ゴルフ倶楽部
23 技術委員会 平成19年10月12日(金) 15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題 :
1.第72回技術例会収支(9月7日開催)
2.2007BMシンポジウムについて(12月7日(金)開催予定)
中国講演者及び中国世界統計討論会参加者 ビザ申請状況
ロシア講演者 ビザ申請状況
会場進行担当
同時通訳と折衝担当
同時通訳へ講演要旨及び技術用語資料提出
プロジェクター会場設置担当者(12月6日 19:00ホテルラングウッド)
同時通訳機器会場設置立会担当者(12月6日 19:00ホテルラングウッド)
3.第73回技術例会の開催予定日、主題、講演依頼先
4.寺子屋BM塾後期進捗
5.その他
配布資料:
1. 第72回技術例会収支報告書
2.寺子屋BM塾後期第一回収支
3.2007BM国際シンポジウムプログラム及び参加申込み書(日文及び英文)
4.中国6名ロシア1名ビザ申請書(マグエックス社作成)
招聘理由書、身元保証書、査証申請人名簿、滞在予定表
5.ロシア ウラル大学へ講師派遣願書
6.2007BMシンポジウム収支見込書
24 寺子屋BM塾第6回 平成19年10月19日(金)14:00〜17:00 於 鞄圏zテクニカ テクノロジーインターフェースセンター
後期講座:永久磁石のイロハその2
参加者57名 (会員32名、一般25名、学生0名)
25 機関誌編集委員会 平成19年10月26日 15:00〜17:00 於 昭和電工竃{社 会議室
BM News No.38 最終校正会議 
渡辺編集委員(昭和電工)、藤平編集委員(東京フェライト製造)
多田編集委員長(JABM)、泉川和志様(アールプリモ社)
26 企画委員会 平成19年11月8日(木) 15:00〜17:00 於 協会会議室
議題:
1.平成19年1月〜9月会員投票数値による2007業界推定値作製について
2.世界生産統計討論会(12月6日開催)
World Bonded Magnet Output表及び質問事項について
3.新年記念講演会の内容決議
4.その他
配布資料
1.世界統計討論会参加依頼状案(石田作製)
2.世界統計討論会用アンケート原案(石田作製)
3.世界統計討論会質問事項案(石田作製)
4.新年記念講演会プログラム案(芳賀会長作成)
27 理事会 平成19年11月9日(木) 15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題: 
1.  2007BMシンポジウム進捗状況(2007/12/07開催予定)
2.  世界ボンド磁石統計討論会(2007/12/06開催予定)進捗状況
3.  企画委員会報告
4.  技術委員会報告
5.  新会員
6.  BMニュース38号発行報告
7.  その他
配布資料:
1.   2007BM国際シンポジウムプログラム
2.   世界ボンド磁石統計討論会用アンケート
3.   2008JABM新春記念講演会プログラム
28 寺子屋BM塾第7回 平成19年11月16日(金)14:00〜17:00 於 鞄圏zテクニカ テクノロジーインターフェースセンター
後期講座:永久磁石のイロハその3
参加者59名 (会員31名、一般28名、学生0名)
29 世界BM動向討論会 平成19年12月6日(木)13:00〜17:00 於 ホテルラングウッド 暁の間
議事録をBMニュース39号(2008.03.31発行予定)に掲載
30 2007BMシンポジウム 平成19年12月7日(金)9:30〜17:00 於 ホテルラングウッド 鳳凰の間
参加者 117名(中国10、ロシア1、インド1 合計11名) 日英同時通訳採用
参加費 会員15,000円 一般 25,000円
特集「ボンド磁石の最新技術動向と資源問題」
1.[希土類資源の有効利用と関連先端材料の開発に対する最近の取り組み」  
大阪大学 先端科学イノベーションセンター 教授 町田憲一                     
2.[Rare Earth Magnets in Russia :Raw Materials,Processing,Output Issues] 
Dr.Nikolay KUDREVATYKH, Professor, Ural State University and President, UAPMDPC
3.[希土類資源の安定供給に向けて] 
(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 希少金属備蓄部 審議役 馬場 洋三
4.[希土類資源に関する取り組みとNdFeB焼結磁石のDy低減化技術] 
信越化学工業梶@磁性材料研究所 部長 美濃輪 武久                     
5.「Sintered and Bonded Ferrite Magnets in China ] 
Mr. Yao JIZHONG, Vice President, Mr.Lian JIANGBIN, Engineer
BGRIMM Magnetic Materials & Technology Co., Ltd.
6.[The Change & Development of Global NdFeB Magnet Industry] 
Mr. Dun LUO, General Manager, Rising Sun Magnetic Technology Co., Ltd.   
7.[Update on the Production of NdFeB-based 
HDDR Anisotropic Powder and MA Isotropic Powder] 
Dr. Xiao-dong ZHANG, President, Magnapowders Co., Ltd. Dalian,China 
8.[The Opportuniy for Bonded NdFeB Magnets Development] 
9[Recent Price Change of Rare Earth Products]
Prof.Yang LUO, IEEE TC-15 Member
10.「China Magnetics 2007 出張報告(October 15-17、Beijing、China)
JABM  CEO 原田 英樹
31 技術委員会 平成19年12月14日(金) 13:00〜15:00 於 協会会議室
議 題 :
1.第73回技術例会講演依頼テーマ(2008.05.23開催予定)
2.2007BM国際シンポジウム収支見込
3.寺子屋BM塾収支見込
4.BMニュース39号掲載案(2008.03.31発行予定)
5.その他
配布資料:
1. 第73回技術例会(5/23)テーマ検討たたき台案
2.寺子屋BM塾後期第2回までの収支
3..2007BM国際シンポジウム収支見込案
32 企画委員会 平成19年12月14日(金) 15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題:
1.平成19年度業界推定値作成について(日本企業の国内及び海外分)
2.2008需要予測について
3.その他
なお、当日は13:00〜15:00 技術委員会 
           17:30〜19:30  JABM忘年会(バンダイ)
配布資料:
1.平成19年1月〜9月会員投票会社数値(国内・海外合計値)
2.平成19年1月〜9月会員投票会社数値(国内分・海外分)
3.ボンド磁石業界推定資料 算出基準2006年度(2007年1月5日見直し)
4.2007世界生産統計討論会議事録 
5.World Bonded Magnet Output (2007年4月企画委員会作成)
6.参考資料:H18年会1月-12月会員投票会社数値(国内・海外合計値)
(訂正前と訂正後)
7.参考資料:2006年・日本ボンド磁性材料業界推定
備考:ボンド磁石業界推定資料 算出基準2006年度(2006年12月推定)を
2007年01月05日見直し。この資料を参考に平成20年1月18日発表する
2007年・日本ボンド磁性材料業界推定値作成
33 特別研修会(忘年) 平成19年12月14日(金)17:30〜19:30 於 バンダイ  
参加者:16名 参加費:3500円  
34 寺子屋BM塾第8回 平成19年12月21日(金)14:00〜17:00 於 鞄圏zテクニカ テクノロジーインターフェースセンター
後期講座:永久磁石のイロハその4
参加者59名 (会員31名、一般28名、学生0名)
35 理事会 平成20年1月18日(金) 10:00〜12:20 於 協会会議室
議 題 
(1)新年挨拶 会長、副会長
(2)各分科会委員長挨拶
・企画委員長… (新年方針、国内生産統計、海外生産統計、その他)
・技術委員長… (新年方針、2007BMシンポジウム報告、その他)
・機関紙編集長…(BMニュース 進捗報告)
(3)評議員会配布資料説明(事務局)
(4)理事会、分科会 年間日程
(5)その他  J.G.W.West
企画委員会
評議員会  平成20年1月18日(金)12:45〜13:30ホテルラングウッド2Fばらの間  
 
講演会   平成20年1月18日(金)13:45〜16:15ホテルラングウッド2F孔雀の間  
1.「米国発 HALT試験とは何か」HALT後進国 日本への警鐘  
鞄圏zテクニカ HALT技術センター センター長 川上 雅司  
2.「何故コニカが開発競争に勝てたか」
元コニカ梶@取締役技術研究所長 内田 康男
3.「銀塩写真システムから電子映像システムへの転換から学んだこと」
元富士フィルム梶@副社長 上田 博造
賀詞交歓会 平成20年1月18日(金)16:30〜17:30ホテルラングウッド5F光の間
  
配布資料:
1.評議員会次第
2.新春記念講演会プログラム
3.賀詞交歓会次第
4.賀詞交歓会及び記念講演会 出席者名簿
5.賀詞交歓会 芳賀会長挨拶要約
6.平成19年度事業計画
7.平成19年度収支予算書(一般会計)
8.平成19年度活動報告(平成19年1月1日〜平成19年12月31日)
9.2007年・日本ボンド磁性材料業界推定及び日系メーカーの生産金額
10.ボンド磁石国内生産推移1995-2007及び日系海外生産推移2002-2007
11.第71回技術例会、第72回技術例会、2007BM国際シンポジウム
 プログラム及び収支報告書
12.寺子屋BM塾「永久磁石のイロハ」講座内容及び収支報告
講師:浜野正昭(JABM技術委員、未踏科学技術協会特別研究員、明治大学非常勤講師)
13.寺子屋BM塾「軟質磁性材料のABC」開催日程と講座内容
講師:落合達四郎(鞄圏zテクニカ 技術顧問、元TDK且謦役基礎材料研究所所長
14.BMニュース37号、38号発行 収支報告
15.平成19年度収支見込み(平成20年1月10日現在)
36 評議員会 平成20年1月18日(金) 12:45〜13:30 於 ホテルラングウッド 2F ばらの間 
出席者 (順不同、敬称略)
会 長   芳賀 美次(アクテム)
副会長  大森 賢次 (住友金属鉱山)
CEO   原田 英樹(HTA)
評議員  寺田 昭英(栃木カネカ) 
評議員  大森 賢次(代理)(住友金属鉱山)
理 事   笠原 瑞穂(日本電磁測器)、
理 事   石垣 尚幸(日立金属)
理 事   谷口 之通(菱華トレーディング)
専務理事 多田 健雄(日本ボンド磁性材料協会)
企画委員長 石田 知久(メイト)
技術委員長 藤平 浩之(東京フェライト製造)
配布資料:
1.評議員会次第
2.新春記念講演会プログラム
3.賀詞交歓会次第
4.賀詞交歓会及び記念講演会 出席者名簿
5.賀詞交歓会 芳賀会長挨拶要約
6.平成19年度事業計画
7.平成19年度収支予算書(一般会計)
8.平成19年度活動報告(平成19年1月1日〜平成19年12月31日)
9.2007年・日本ボンド磁性材料業界推定及び日系メーカーの生産金額
10.ボンド磁石国内生産推移1995-2007及び日系海外生産推移2002-2007
11.第71回技術例会、第72回技術例会、2007BM国際シンポジウム
 プログラム及び収支報告書
12.寺子屋BM塾「永久磁石のイロハ」講座内容及び収支報告
講師:浜野正昭(JABM技術委員、未踏科学技術協会特別研究員、明治大学非常勤講師)
13.寺子屋BM塾「軟質磁性材料のABC」開催日程と講座内容
講師:落合達四郎(鞄圏zテクニカ 技術顧問、元TDK且謦役基礎材料研究所所長
14.BMニュース37号、38号発行 収支報告
15.平成19年度収支見込み(平成20年1月10日現在)
議 題:
1.平成19年度活動報告(平成19年1月1日〜12月31日)
 及び今後の活動について 芳賀会長 
 個別報告           多田専務理事
2.評議員各位のご意見拝聴
3.その他
37 記念講演会 平成20年1月18日(金) 13:45〜16:15 於 ホテルラングウッド 2F 孔雀の間 
1.「米国発 HALT試験とは何か」HALT後進国 日本への警鐘
鞄圏zテクニカ HALT技術センター センター長 川上 雅司
2.「何故コニカが開発競争に勝てたか」
元コニカ梶@取締役技術研究所長 内田 康男
3.「銀塩写真システムから電子映像システムへの転換から学んだこと」
元富士フィルム梶@副社長 上田 博造
38 新年賀詞交歓会 平成20年1月18日(金) 16:30〜17:30 於 ホテルラングウッド 5F 光の間 
参加数:91名(記念講演会講師3、招待5、新聞社7、進行係6、会員62、一般8)
本年も賀詞交歓会に先立ちボンド磁性材料振興基金を活用した新春記念講演会を開催した。
今回はJABMのPRをするため一般の方にも参加してもらった。
参加費:会員 無料  一般 10,000円(賀詞交歓会懇親会費を含む)
1.会長挨拶                  16:30〜16:45  芳賀会長
 及び2007BM業界推定値について
2.乾杯の音頭                16:45          芳賀会長
3.中締め                                   17:20〜17:25   大森副会長
4.閉会                                     17:30           多田事務局長
39 企画委員会 平成20年2月7日(木) 15:00〜17:30 於 協会会議室
議 題:
1.日本及び世界2007年需要予測について
2.2007年会員投票会社数値最終確定(10-12月数値算入)
3.平成20年度企画委員会活動日程
4.次期企画委員長、副委員長
5.その他
配布資料:
1.平成19年1〜12月会員投票会社数値(国内・海外合計値)10-12月算入 2月8日
2.平成19年1〜12月会員投票会社数値(国内分・海外分)10-12月算入 2月8日
3.平成19年1〜12月会員投票会社数値(国内・海外合計値)10-12月は1-9月引用1月7日
4.ボンド磁石業界推定資料 算出基準2007年度(2007年01月07日見直し)
5.ボンド国内生産推移1995〜2007及び日系海外生産推移2002〜2007(2008.01.18) 
6.World Bonded Magnet Output表(08.Feb.2008) 
7.参考資料 ボンド磁石の需要予測(日文・英文) 2007年4月企画委員会作成
40 技術委員会 平成20年2月8日(金) 15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題 :
1.   第73回技術例会プログラム作成(2008年5月23日開催予定)
2.   寺子屋BM塾「軟質磁性材料のABC」開講について
PR方法、講師謝礼その他費用
3.   2007BM国際シンポジウム講演資料をCDに保存しロシア講師 Nikolay氏に
送付する件
4. 第4回磁性産業国際会議 2008/10/13-16 沈陽市 中国
   支持団体候補:日本ボンド磁性材料協会
   特別顧問候補:原田 英樹氏(日本ボンド磁性材料協会 CEO)
   受諾の可否検討
配布資料:
1. 第73回技術例会(5/23開催予定)プログラム検討用資料
 講演依頼先(8件)及び講演タイトル(仮題)
2. 第73回技術例会要旨案(芳賀会長作成)
3.寺子屋BM塾「軟質磁性材料のABC」塾生募集案内(浜野塾長作成)
4.叩き台:寺子屋BM塾運営規則試案(浜野塾長作成)
5.第4回磁性産業国際会議(2008/10/13-16 沈陽市 中国)
 会議の趣意及び案内(鮮干 澤 組織委員会主席 作成)
6.技術委員長の順番(2003年12月12日議事録)
41 理事会 平成20年3月19日(水) 15:00〜17:00 於 協会会議室
議 題:
1.平成20年度役員人事
2.通常総会提出議案の検討 
3.企画委員会報告
4.技術委員会報告
5.機関誌編集委員会報告
6.その他
配布資料:
1.  第73回技術例会プログラム案(2008年5月23日開催)
2.  寺子屋BM塾 軟質(ソフト)磁性材料のABCの開講案内
3.  評議員会の改革案(芳賀会長作成)
4.  BMニュース39号会員会社巡りインドASHVINI社原稿
5.  ISMI’08 Oct.13-16,2008. Shenyang,China