2015 JABM 新春公開セミナー

<謹告>

主催:JABM・日本ボンド磁性材料協会(旧・日本ボンド磁石工業協会)

2015 JABM 新春公開セミナー 『ボンド磁石開発の歴史を俯瞰する』

JABM協恒例の新春公開セミナーでは、新春にあたり新戦略を勘考される際の、ヒントになる情報 を発信したいと考えています。ボンド磁石は焼結磁石に比べて磁力は低いが、形状自由度が大きく薄肉 リング状など多様な形状が精度良くできること、成形体に割れ欠けが生じにくいこと、シャフトとの一 体成形が可能であり芯ブレを少なくできることなどの特徴があり大きな市場を形成するに至っている。 特に今回の講師の一人である下田氏は 2-17 系材料で高保磁力化を世界で初めて実現した立役者であり、 その開発秘話は材料開発において貴重であり、是非皆さんに聞いて頂きたいと思います。
本セミナーでお二人の講師から学び、事業戦略のご参考にしていただければ幸いです。経営責任者の皆様のみならず、将来を担う若手の方も勉強と人脈づくりを兼ねてご遠慮なく参加してください。

日時:2015年1月9日(金)
講演会:14:00~16:00
賀詞交歓会:16:15~17:45

場所:ホテルラングウッド(JR日暮里駅南口徒歩2分)☎03-3803-1234
地図:http://www.hotellungwood.com/access
参加費:会員:無料、非会員:5,000円(賀詞交歓会・会食代を含む)
申込:http://jabm.la.coocan.jp/registration_seminar_jp.html

プログラム総合進行
JABM企画委員長 石田知久((株)メイト)
開会挨拶 JABM会長 芳賀美次(アクテム代表)

14:00~15:00
芳賀美次氏 (日本ボンド磁性材料協会会長アクテム代表)
「ボンド磁石進展の歴史と応用製品例」ボンド磁石の研究は、1934年頃に始まったと言われている。それから80年、世界でボンド磁石はどのように進展してきたか歴史をひもといてみたい。日本の恵まれた環境でその進展を支えた革新的技術開発の数々、ボンド磁石の地位を確実にした希土類ボンド磁石の歴史、さらにボンド磁石の歴史と共に歩むJABM発足当時にもふれる。

15:00~16:00
下田達也氏 (北陸先端科学技術大学院大学教授)
「Sm2Co17系高保磁力合金とボンド磁石開発秘話」
Sm2Co17高保磁力合金は、時計用ボンド磁石を開発する中で発見された。講演では、2-17系高保磁力合金の発見と開発、そして量産に際して遭遇した思わぬ技術課題(柱状晶合金)に関して述べる。この合金は保磁力機構がピニング型でボンド磁石に最適で、時計用以外に瞬く間に用途が広がり、メカトロニクスの発展に大きく貢献した。講演では、モータ用ボンド磁石と精密モータの開発にも触れる。最後にエネルギー問題において磁石の果たす役割に関して講演者が経験したことを述べる。

16:15~17:45
賀詞交歓会
6F彩林

以上

公開イベント

1月
13
3:30 PM 新春公開セミナー @ ZOOM上
新春公開セミナー @ ZOOM上
1月 13 @ 3:30 PM – 5:00 PM
JABM 協会恒例の新春公開セミナーでは、 磁性材料に拘ることなく皆様に興味あるテーマを選んで紹介しています。 すべての人々にとってよりよい未来を築くための青写真として、 持続可能な開発目標(SDGs)が 2015年に 「国連持続可能な開発サミット」 で採択され、 各所で具体的な取り組みが進められてきました。 一方、 貧困や不平等、 気候変動、 環境劣化、 繁栄、 平和と公正など、 私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指すという SDGs の持つ本来の意味がおろそかにされ、 人々の免罪符になりつつあるという批判 ・ 問題点などの指摘もあります。 今回はこれまで世界 140 ヵ国を取材し 「紛争」、 「地球環境」、 「宗教」 などを基軸として文明論を展開してこられた写真家、 ジャーナリストである桃井和馬先生にご講演頂きます。 多くの皆様にご参加頂き、[...]

「校正用磁石セット」頒布のご案内

ボンド磁石試験方法ガイドブック頒布のご案内

2022活動予定

アクセス

日本ボンド磁性材料協会
TEL. 03-5811-6891
FAX. 03-5811-6892

Mail. info@jabm03.com
〒116‐0014
東京都荒川区東日暮里5丁目52-2
神谷ビル6F602号