第84回技術例会

日本ボンド磁性材料協会(旧・日本ボンド磁石工業協会):JABM 主催
第84回技術例会プログラム

「軟磁性材料およびその応用に関する最新動向」

軟磁性材料はトランス、インダクタ、モータ、アクチュエータ等のキーマテリアルとして、機器の小型・軽 量化や高効率化に欠くべからざる役割を果たしています。日本は技術力においてこの分野をリードしており、 その地位を保つべく不断の努力がなされています。今回の技術例会では軟磁性材料の中でもパワーエレクトロ ニクスの分野において特に重要な役割を果たしている電磁鋼板、圧粉磁心にスポットを当て、材料技術、製造 技術、実動作時の特性解析等に着目して、最新の技術動向につき各々の分野の第一人者にご講演頂きます。 パワーエレクトロニクスに使用される軟磁性材料及び硬磁性材料との組み合わせなどに興味がある多くの 皆様方のご参加をお待ちしています。


日時:平成25年9月19日(木)
13:00~17:00(受け付け開始 12:00)

場所:ホテルラングウッド 2F 大会議室 TEL:03-3803-1234
東京都荒川区東日暮里5-50-5 JR日暮里駅南口(鴬谷寄り)下車徒歩2分
(10:00~16:15 の間、京浜東北線は日暮里駅を通過しますので山手線をご利用下さい)

参加費:会員 5,000円、 一般 12,000円、 学生 2,000円
(講演要旨集代、コーヒー代含む)

プログラム

(講演時間には質疑応答時間 5分程度を含みます)

総合進行 JABM 技術委員長 藤平 浩之

13:00-13:05 開会挨拶
JABM 会長(アクテム代表) 芳賀 美次

13:05-13:40 磁性材料急冷凝固装置のご紹介
(株)真壁技研 取締役 販売チーム 課長 真壁 昌宏

13:40-14:15 軟磁性複合材料の高密度圧縮成形技術の開発
アイダエンジニアリング(株) 執行役員 開発本部 技術研究所 所長 森永 茂樹

14:15-14:50 小型パワーインダクタ MCOILTM の材料技術について
太陽誘電(株) 材料 3 グループ 次長 河野 健二

14:50-15:05 休憩

15:05-15:15 軟磁性材料研究会の活動報告
JABM 研究会主査、 (株)三泉 顧問 山内 清隆

15:15-15:50 IEC/TC51(磁性部品及びフェライト材料専門委員会)の活動報告
TDK-EPC (株) マグネティクスビジネスグループ トランス&フェライトビジネ スユニット フェライト技術部 主査 前田 茂幸

15:50-16:25 自動車モータ用電磁鋼板と圧縮応力下の磁気特性
JFE スチール(株) スチール研究所 主任研究員(副部長) 尾田 善彦

16:25-17:00 PWM インバータ励磁による電磁鋼板およびモータの損失特性
豊田工業大学 大学院 PD 研究員 博士 ( 工学) 小田原 峻也

17:10-19:xx 懇親会(自由参加)
居酒屋「バンダイ」 会費 3000 円程度

公開イベント

1月
13
3:30 PM 新春公開セミナー @ ZOOM上
新春公開セミナー @ ZOOM上
1月 13 @ 3:30 PM – 5:00 PM
JABM 協会恒例の新春公開セミナーでは、 磁性材料に拘ることなく皆様に興味あるテーマを選んで紹介しています。 すべての人々にとってよりよい未来を築くための青写真として、 持続可能な開発目標(SDGs)が 2015年に 「国連持続可能な開発サミット」 で採択され、 各所で具体的な取り組みが進められてきました。 一方、 貧困や不平等、 気候変動、 環境劣化、 繁栄、 平和と公正など、 私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指すという SDGs の持つ本来の意味がおろそかにされ、 人々の免罪符になりつつあるという批判 ・ 問題点などの指摘もあります。 今回はこれまで世界 140 ヵ国を取材し 「紛争」、 「地球環境」、 「宗教」 などを基軸として文明論を展開してこられた写真家、 ジャーナリストである桃井和馬先生にご講演頂きます。 多くの皆様にご参加頂き、[...]

「校正用磁石セット」頒布のご案内

ボンド磁石試験方法ガイドブック頒布のご案内

2022活動予定

アクセス

日本ボンド磁性材料協会
TEL. 03-5811-6891
FAX. 03-5811-6892

Mail. info@jabm03.com
〒116‐0014
東京都荒川区東日暮里5丁目52-2
神谷ビル6F602号